オルリスタット配合薬はジェネリックが人気

オルリスタット配合薬は最新のダイエット方法として、日本でも人気が急上昇しています。食べた脂肪を消化せずに排泄させてしまうため、脂っこい食事が好きな人には、特に効果的と言えます。アメリカではオルリスタットが肥満治療薬として認可され、一般に販売されています。またEU諸国やシンガポール・台湾・香港などでも承認を受けています。しかし日本では未承認なので、入手するには医師から処方を受けるか、個人輸入するしかありません。
オルリスタット配合薬を医師から処方してもらうと、正規品のうえに自由診療になるため、1錠あたり500円近くになります。日本人の平均的な食事を考えた場合、毎食1錠服用する必要はないにしても、何か月か飲みつづければ相当な出費です。できるだけ費用を抑えたいときは、個人輸入でジェネリックを利用するという手段があります。
ジェネリックは先発薬と同じようにオルリスタットが配合されているので、効果は医師に処方してもらう薬と変わりません。しかし特許料を支払う必要がなく、人件費などの製造原価も安い国で生産されているため、先発薬よりもずっと安価で入手できます。その値段は輸入代行業者によっても異なりますが、1錠あたり50円~100円程度です。同じ効能で価格差は歴然としていますから、ジェネリックに人気が集まるのも当然でしょう。
ただし安すぎる薬には注意が必要です。ネット上には詐欺まがいの業者がいて、粗悪品や偽物のリスクがあるからです。実際に利用した人から情報を仕入れて、信頼できる輸入代行業者を見極めることが大切です。また個人輸入した薬を服用して、万一健康被害を受けても、国の救済は受けられないので注意してください。