オルニチンで筋力アップ・オルリスタットは便秘にも?

オルニチンの主なダイエット効果は、次の2つです。
成長ホルモンの分泌を促して筋肉を増強させる、運動や筋力をアップさせて脂肪燃焼効果を高めてくれる、です。
筋肉が成長するメリットは、何もしないでいる時にも消費されるカロリー(基礎代謝)が高くなることです。また、脂肪と違って弾力性と硬さがあるので、メリハリのあるボディを作ることが出来ます。
筋肉が1g増えると、消費カロリーは約12~13kcalアップすると言われています。これは基礎代謝の値なので、活動消費量も加えればさらに消費エネルギーは高くなります。
オルニチンはその筋肉を成長させるためのホルモンの分泌を促してくれるので、運動や筋トレによって筋力をアップさせやすくしてくれます。
また、オルニチンには肝機能を改善してくれる効果があるので、解毒能力が高くなり、頭や体の疲労解消にも繋がります。うつの原因は脳に溜まったアンモニアが原因とも言われていますから、うつの予防効果も期待できるかもしれません。
ダイエットを効率よく行うために筋肉は重要ですが、便秘解消もまたダイエットには不可欠です。便秘によって腸内環境が悪くなると、免疫機能が下がって体調を崩しやすくなりますし、老廃物が身体中に巡って様々な病気を引き起こす危険性もあります。細胞に腸からの有害ガスが届いてしまうことで、新陳代謝が下がってしまうこともあります。
肥満治療薬として使われいる薬にオルリスタットがありますが、オルリスタットは強制的に消化不良の状態を作り出して、脂肪の吸収を抑える作用があります。その際、脂肪が便に混じってゆるくなるので、便秘が解消される場合もあります。
オルリスタットで便秘を改善するというのは多少荒療治ですが、脂肪の吸収も抑えたいというダイエット目的と便秘改善目的で使うのならば、一挙両得かもしれません。